2021年10月21日

ショパンコンクール♪

第18回ショパン国際ピアノコンクールがファイナルを迎えた。

古海行子さんは3次予選まで進出した。
実はワタシのヴォーカル個人レッスンに通われていた生徒さんのお孫さんだ。

高松国際ピアノコンクールで優勝された頃はまだ『音大生♪』という可愛らしいルックスだったのに、すっかり大人の女性に成長され、いや、もうアスリートみたいな逞しさも備えていた。
カッコイイ♡♡♡

そして、ワタシの大好きな角野隼人さんも同じく3次予選へ進出された。
ステージに上がる前の『かていん』こと隼人さんは今までYoutubeで見たことない、かなり緊張された様子だった。
今までこの人のこんな表情を見たことが無い。
それだけで、このコンクールに挑む事も凄さが充分に伝わってくる。
そりゃ『ピアノの森』をさんざん観たワタシだけど、こうして生のコンクールを観るのは観てるこちらもブルブル震えちゃう。

ファイナルへ進出された小林愛美さんは、もう、この舞台を楽しんでいる様子だった。
戦うというよりここで演奏する、生きることそのものを楽しんでいるように見えた。
演奏の最後のほうでは『ああ、もう終わっちゃう。もっと弾いていたい。」そんな感じにも見える。

もうここまで来たら誰が優勝とか音楽に勝ち負けあるんかいな?と思ってしまう。
結果はカナダのBluce Liuさんが優勝となった。
彼も実に楽しそうに弾く。やっぱり勝ち負けじゃないんだな。
彼は彼の音楽を謳歌しているように見えるもん。
『ピアノの森』が表現したかったのもそこだもんね。

ワタシのショパンの印象は・・・彼の人生を描いたいろんな文章や映画を見てしまったので、やっぱりミュージシャンあるあるな事が沢山あり過ぎて・・・・ショパンの曲は大好きなんだけど・・・・ネ。

音楽室にずら〜っと皆、偉そうなお顔で並んでるけど、ほんと、オトコとしてどーよ?ってヒト多いよね。
それはジャズマンでも同じ(笑)・・・この話はまたいつか・・・



posted by みどりん at 10:14| ジャズの話&レッスンの事♪

2021年10月20日

10月期はジャズワルツ♪

NHKカルチャー講座の10月期はジャズワルツにトライ♪
課題曲はBaubles, Bangles and Beads。
Kismetというブロードウエイのヒット作で後に映画化になった作品の挿入歌だ。
この曲より、日本人にはStranger in Paradise の方が耳馴じみがあると思う。
CMに起用されたりJazz屋も沢山取り上げて演奏してるから必ず耳にした事があるよ。

それに比べてBaubles, Bangles and Beadsの方が知名度は低いのかもね。
もともとワルツなのに、いつの間にかボサノバで演奏される事が多くなった。

話は飛ぶが、日本人はワルツの苦手な人種とされている。
まぁ、欧米に比べて舞踏会やダンスパーティーには縁の無いお国柄だからね。

いまだに、ワルツのアウフタクトが理解できてないプロの音楽家もいる。
誰とは言わないが、ヤマハのぷりんと楽譜に堂々とアウフタクトの曲をオンで書いて商品にしてる人もいる。
びっくりだよ。

更に話は飛んで、黒人はワルツで歩行する・・・という話。
ワタシの師匠、後藤芳子師匠から聞いた話で、昔、日本にジャズが上陸して皆が夢中になった頃、ナベサダこと渡辺貞夫氏や当時のジャズマン達と黒人のリズムの取り方が話題にのぼり、3拍子で歩く・・という事を誰かが言い出して、皆で楽屋で縦一列になって歩いた・・・という話を伺った。
なるほど、一理あるな。

話を戻してレッスンはまずまずの滑り出しをしている。
リズムを意識するより、先ず、歌詞そのものが3拍子で書かれてるからここから攻める方が早いと思う。
ワタシはこの課題曲を絵に描いた餅にする気はサラサラ無い。
歌詞も簡単だし、いつでもセッションに参加できる曲のひとつになるようにお稽古付けようと思ってます。ハイ。



posted by みどりん at 09:26| ジャズの話&レッスンの事♪

2021年10月18日

秋野菜でクリームシチュー♪

2021.10.18.png
ベランダですくすく育つセロリ♪
ちょこっと切り取って・・・
2021.10.18b.png
出汁をとる。部屋中に広がるセロリの香り。
不思議なものだ。子供の頃はこの香りが苦手でスーパーの野菜売り場が苦手だった。
今では大好きな香りだ。食欲をそそる。
2021.10.18c.png
カボチャを入れたクリームシチュー。
2週間前には灼熱の太陽の下で汗だくで家の片づけをしたとは思えない程、一気に気候は秋になった。
もうすぐハロウィンだもんね。
posted by みどりん at 07:53| キッチン

2021年10月16日

今年もレモン収穫できた♪

2021.10.16.png

今年もレモンが実った。
まともな実が付くようになったのはレモンの苗木を買ってから10年以上経ってから。
鉢植えの樹は時間がかかるね。

昨年も豊作だったけど、今年は夏の暑さも厳しかったから、これ以上樹に負担をかけないように青いうちに収穫した。
真冬の寒々とした風景の中の鮮やかな黄色いレモンの光景も素敵なんだけど・・・
スライスしてサラダに混ぜたり、ドレッシングを作ったり。
爽やかな香りが食欲をそそる♪


posted by みどりん at 08:56| ガーデニング

2021年10月15日

電気の引込線を勝手に外されてしまった(>_<)

世の中には納得の行かない、想像もつかない出来事がある。

九州の夫の実家は15年間空き家だった。
が、電気は通しておいて基本料金をずっと支払いしていた。
電気料金の請求書を見れば万が一の異変に気付けるからね。

今年の2月にお姑様が他界された時、ワタシが九州電力へ電話をして電気を止めて貰った。
つまり、お姑様名義を解約した。

そして先週、九州の家を片付けに行ったら、電気メーターも引込線も外されていた!!!
へ? ドーゆーこと?(@_@)

九州電力へ電話するも只々平謝りを繰り返すだけで、『こちらでは何もできない』の一点張り。
自分で電気工事を依頼してやれというのだ。
エ〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッ!!!!
それって九州電力と電気工事屋でマッチポンプなんじゃないの????

ワタシャ、電気を止めろとは言ったが、引込線を撤去しろなんて一言も言っとらん。
納得できないワタシは神奈川へ戻ってからも電話した。
取り外した経緯を納得行くように説明してくれ。現状復帰しろと要求するも、録音音声は半年を過ぎているので残っていないという。とにかく、平謝りに『大変、申し訳ございません』を繰り返す。
アンタ、ロボットかいな。
こっちが遠くの神奈川にいるから犬の遠吠え程度に捉えてるんだろな。
キーーーーーーッ。クヤシイ<`ヘ´>

で、調べた。ワタシ。
出て来る。出て来る。同じような案件。
全国津々浦々、このような案件が出てくるわ。
田舎に空き家を所有している人は気を付けてね。

今年、2021年の4月の法改正で相続登記の義務化が可決された。
簡単に言うと、相続不動産があると知った日から3年以内に相続登記申請をする事が義務化された。
期限内の申請を怠ると10万円以下の過料となる。
2024年の施行を目途に着々と準備が進められている。

同じく今年の4月に相続国庫帰属法も公付された。
ある一定の条件を満たせば要らない土地を国に返還できる(有料)
これらを受けて、今、全国で空き家の取壊し等が目立って動いているように見える。

ワタシ的にはな〜〜んか、こういう動きもあって、勝手にバンバン電気メーターや引込線を撤去しちゃってるんと違うかなあ?????って疑ってる。
だって、あっちは親方日の丸商売だもんね。
『大変申し訳ございませんm(__)m』で通してしまえ〜〜〜ってことでしょ。
う〜〜〜〜〜ん。悶々とするわぁ"(-""-)"


posted by みどりん at 09:15| 日記

2021年10月12日

ベランダで生姜を収穫♪

2021.10.12.png
生姜を収穫。
下に転がってるのが親株。
冷蔵庫の中でなんとなく芽が出る気配があったので植えてみた。
小さな欠片からこんなに採れるんだね。

2021.10.12b.png
毎日、なんやかやと収穫できる。
やっぱり花より食べられるものの方が良いや。
posted by みどりん at 08:55| ガーデニング

2021年10月11日

相続登記を自分でやった♪

今年の2月に夫の母親がほぼ百年に渡る生涯を閉じてから、ワタシ達夫婦にとっては初めての手続きだらけで、何とか手探りで今日まで来た。

その一つに相続登記があった。
何もわからないワタシ達は相続をサポートしてくれる事務所みたいな所へ行ってみた。
初回相談料は無料だしね。

で、見積もりが30万円近くだった。
ひぇ〜〜〜。イヤだッ!
そんなの絶対に嫌ッ。
ケチなワタシは『そんならワタシが自分でやる』という運びになった。

不幸中の幸いってやつかな?
コロナのせいで仕事が無くなったワタシにとって時間は余る程ある。
じっくりと取り組もうじゃないの。

この時代に感謝だわ。
やっぱりYoutube先生は役に立つ。
ピアノも英語も料理もガーデニングもぜ〜〜〜んぶYoutube先生が教えてくれる。

弁護士さん、税理士さん、司法書士さんの動画を片っ端から視て学ぶ。
それに法務省のサイトには雛形がダウンロードできるようになっているし、そもそも、わからない事は法務局に電話してバンバン聞いたらいいんだわさ。
相続登記は試験じゃないんだもの。間違えたら教えてくれるし・・・・
そんな訳で、相続人の間でもめ事も無く、すんなりと事は運んで郵送申請して出来上がり。

それにしてもお姑様は百年近くも生きて来られたので戸籍謄本が出生まで遡ると嘉永元年になる。
こういう仕組みなんだね。出生時の戸籍の筆頭者まで遡るという訳だ。勉強になりました。
沢山のご先祖様の名前を読みながら、何か大切な事を教わった気がした。

posted by みどりん at 09:22| 日記